活動の様子

「特別支援児のスポーツ指導…やってます♪」

ハートウィングでは、東日本営業所のある仙台にて1クラスですが倶楽部を開講しています♪

今日はその指導風景を担当からのメールでお伝え致します。

倶楽部での事、特別支援児のT君を指導してたときのお話しです♪

T君は、自閉症の4年生の子供です。今まで小学校の特別学級でしたが、

4月からは支援学校の方に行きます。

いつもニコニコのT君、最近野球が大好きで私が投げるボールを打つのが大好                                             (使用しているのは柔らかいプラスチックのバットとボール)

縄跳びも前跳び連続70回は跳びます。

本人とは、100回を目標に設定しています。しかし、その日はスイッチが入らないのか

あまり集中していない様子でした。

やはり、今日も無理なのか~と思っていました…その時、【どこかを、眺めたなぁ~】

と私が見ていたら、また跳び始めました。

いきなり、スイッチが入り、集中モードになりました。【これは今日は目標達成まで                                           行ける!】と私は思いました。

60…70…80…90

T君、『疲れた』と言って90回で終了しました。

私も一瞬、その瞬間に誉めようかどうか悩みましたが、頑張りを誉め大好きな野球に                                        移行していきました。

私は100回飛べるはず必ず目標達成まで行けると確信しましたが、なかなか上手く                                        いかないもんですね。

前跳び100回は、また、お預けです。

迎えにきたお母さんと話をした時、それでもたいへん感動されていました。

そんな特別支援児のある日の倶楽部の1日でした。

先生と子供の信頼関係を大切にしょうと改めて感じました。

東日本営業所  K2指導員よりてへぺろうさぎ

関連記事

  1. 「過保護…過干渉には気をつけましょう!?」
  2. 「東日本大震災からもうすぐ6年になります…。」
  3. 4月の遠足が開催されました。
  4. 「今日から2学期が始まるところは、子供たちのことを…」
  5. 「ユニフォームの着用は、集団凝集性を高める!」 
  6. 「子供って…本当に一人ひとり個性がまったく違うなぁ…」
  7. 「日々の暮らしの中で、我が子に「喜怒哀楽」の感情の表現をしっかり…
  8. スポーツが好き=上手、だけではない!個人的な成功体験にこそ「楽し…
PAGE TOP