活動の様子

「日々の暮らしの中で、我が子に「喜怒哀楽」の感情の表現をしっかり伝えよう!」

長年、現場で子供たちと関わっていて思うことは…

一人ひとりが皆、個性的で特徴的だということです。

・かんしゃく持ちの子供
・お友達関係でいつもトラブルを起こす
子供
・ちゃんと意思表示出来ない子供

子供が上手く育ってくれない…と、悩んでいるママやパパ…

ぜひ、暮らしの中で以下のような

・これはうれしいよね
・今、悲しくて泣きたいよね
・あぁ…怒っているんだ
・これじゃあ落ち込む、ガッカリだよね

喜怒哀楽を親が確認し、そのたびに意識して伝える作業を丁寧にさりげなくやってみたらどうでしょうか !?

喜怒哀楽がしっかりしたコミュニケー ション能力の高いお子さんになると思 います…

かんしゃくなどの悪癖が少なくなり、親子・友達関係も良好になることでしょう♪

相対してのプレゼン能力も高まり、みんなに好かれるようになるでしょう!

ぜひ試してみてください、試された方はよければどうだったか教えてくださいね…

“めだかアイデアマラソン”はハートウィングで子供たちが健全に育つことを祈りながら日々、

日本中の現場を駆け回っています。今日は名古屋デス…頑張りまーす!

関連記事

  1. 「日本の母の教え「きっとお天道様が見ているよ…」を力に…」
  2. 「今日から2学期が始まるところは、子供たちのことを…」
  3. 「子供の言葉に自らの体育指導を振り返る…!「開脚跳び」「逆上がり…
  4. 「東日本大震災からもうすぐ6年になります…。」
  5. 「『大人の発達障害』!?考える必要があるようですね~」
  6. 「やさしさと♪思いやり♪ビックリ家族のお話…」
  7. 「先生は「心の伝道師」であれ!」
  8. 「子供の心の教育が大切な時代になりましたね…」
PAGE TOP