活動の様子

「ブログを始めたのは…♪」

私は、幼児体育指導員として30年以上の間、教育現場の最前線に立っています。

毎日、個性的な子供たちと向かい合い、また個性的な親御さんや経営者、先生方たちとも接してもいます。

その中には、浅学非才な私など
足元にも及ばないほど素晴らしい教育理念と実践力を持った人々たちもたくさんいました。

その方々には、私もいろいろ学ばせていただきました。

また、中には、子供がかわいそうとしか思えないような当たりをする人々もいました。

全くと言っていいほど教育力がない親たち、教育的な配慮が全然なくただただ自分たちの都合や楽しみしか頭にない親たちもいました。

このように、世の中にはいろいろな親や教育に携わっている人たちが多くいます。

人様々ですが、大部分の関係者や親たちはかわいい我が子のためにがんばっているということを、私は現場体験から知っています。

ですが、かわいい我が子のためにという思いが空回りしている場合が多いのも、また事実なのです。

つまり、具体的に子供たちにたいしてどうすればいいのか分からないのです。

子供を伸ばしたいけど、具体的にはどうすればいいのか分からない。

家庭教育といっても、何をどうすればいいのか分からない。

仕事が忙しくて、教育は学校と塾に任せきりだ。

お金も手間もかからなくて、しかも子供のためになる方法はないのか?

家でどんな勉強をさせればいいのか?

このごろ子供が反抗的だが、どうすればいいのか?

気持ちの優しい子供に育ってもらいたいと思っているけど、どうすればいいのか?

まことに、親御さんや関係者の悩みと疑問は尽きることがありません。

そこで、私は、このような悩める親や現場関係者のために、自分の幼児体育指導者としての経験と知識と技術を少しでも役立てられたらと思い立ったわけです。

そして、少しでも多くの子供たちが幸せな子供時代を送り、豊かな将来のための基礎固めをすることができたらと、切に願っています。

それによって少しでもよりよい社会の建設に資することができれば、望外の喜びだと思い立ってブログを始めました…。

日々なかなかよい記事が送り出せないのですが、それでも1日に800件以上のアクセスをいただいた日もあり大いにはげみになっています♪♪

関連記事

  1. 「ユニフォームの着用は、集団凝集性を高める!」 
  2. 「スマホに育児をさせないで…だいじょうぶですか?スマホの管理?」…
  3. 「幼児期の運動 は 体だけでなく、心も育てる!」
  4. 「良い先生かどうかを見分けるポイントとは…あるんですよ!」
  5. 「授業参観があれば、ぜひチェックしてみてくださいね♪」
  6. 「東日本大震災からもうすぐ6年になります…。」
  7. 「特別支援児のスポーツ指導…やってます♪」
  8. 「『大人の発達障害』!?考える必要があるようですね~」
PAGE TOP